FC2ブログ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

ヤナメガネっ子

Author:ヤナメガネっ子
■在住
大阪

■Twitter
yana_goe(ヤナっ子)

■趣味
観劇
カフェ巡り

■好きな舞台
ALTAR BOYZ
ミュージカルテニスの王子様
ROCK MUSICAL BLEACH

■好きな俳優
柳浩太郎 中心 D-BOYS
東山義久(DIAMOND☆DOGS)
テニミュキャスト(1・2代目中心)

■好きな歌手
UVERworld
Honey L Days
坂本真綾
下川みくに

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カルメン~ドン・ホセの告白!~』3日目

土曜の今日はマチソワでした。
マチネの最前センターブロックは、
カルメン役の川井さんがテレビ東京の番組を持っているため、
テレビ東京のお偉いさん(男性)方々が席を占めていて、
それは全然いいんですけどなかなかの光景で。
パッと見で関係者なんだなとわかるぐらいの光景でした(笑)

そして中国からゲストでダンサーの朱さんも出演されているので、
中国のファンの方々も会場にいれば、
更にマスコミの方々もいて、中国テレビのインタビューまでありました。

さて、『カルメン』の内容は、
魅惑の川井さん演じるカルメンという女性に、今まで何の挫折もなく、
順調に人生を駆け上がっていた義くん演じるドン・ホセが出会い、
恋に落ちて転落していく、というお話です。

ほとんどの役者さんにセリフはなく、
一番セリフがあったのは小寺さんと泰ちゃん、中塚くんだと思います。
それも義くん演じるドン・ホセの心情や言葉と、
川井さん演じるカルメンの心情や言葉を、
まるで回想のように話すだけで、
小寺さん達も自分の役ではほぼセリフがありません。
笑い声だけは自分の役で声を発してもいいところですが、
カルメンも笑い声はありますが、
義くんは笑い声すらなく、聞こえるのは息遣いだけという状態。

でもそれが川井さん演じるカルメンが奏でる、
ヴァイオリンの音色を邪魔することなく会場に響かせ、
あらゆる役の心情をヴァイオリンで奏でる音楽で表現していて、
切ないシーンでは切なく苦しくなります。
義くんもダンスで、動きで、目で、
とにかくセリフはなくても全身で感情を表現し、
その時をドン・ホセとして全力で生きていて、
最後のカーテンコールで息が乱れて荒く呼吸して疲れ切っている義くんを観ると、
「お疲れさま!」って拍手しながら涙が出そうになるほど、
全身全霊で挑んでいました。
そして観ているこちらも同じようにどっと疲れてしまいました(>_<;)

感想がこれまた難しいところではあるのですが、
D☆Dメンバーはそれぞれがしっかりと独立して存在感を放ち、
ボーカル組のTAKAちゃんと類さんも色んな役を、
色んな歌い方をしてそれぞれを表現していました。

森くんは2幕しか出番がないのですが、存在感は抜群で全くためらいがなく、
危険なオーラを全面に放っていて、いつもの優しい森くんとは結びつかない感じ。
泣きそうになるぐらいの怖さだったのに、
カーテンコールで二コーっって笑ったのを見た時は、
心底ほっとして笑ってしまいました(笑)

そんなカーテンコールでは出演者みんなが森くんに注目。
森くんの動きを全員で真似するので、それがとにく楽しいのですが、
「お前が好きだ」って歌詞の時に全員で指差す出演者は日替わりで、
マチネは風海くんで、セクシーな動きが流石すぎて爆笑でした(笑)

そんな風海くんはところどころ出番があり、今回は銀髪なんですよね。
相変わらずの身軽さでアクロバティックを披露するのですが、
今回中国からのゲストダンサーの朱さんがすごい方で、
風海くんがやっててすごい!と思った動きを更にシャープに、
そして全くの着地音なしに着地するという、
これ人間の動きなの?という動きをする方でした(◎_◎)
それほど出番がなくてもったいないぐらいでしたが、
一度自由に踊ってもらえたら、きっと更にすごいダンスを見せてくれると思います。

そして義くんの足を踏むという大柴さん、
踏まないで、踏まないでー!と、
裸足で踊る義くんなので祈るように見ていましたが、
義くんもある程度間合いを取っていて警戒してるのかなという感じ(笑)
私の観ていた限りでは踏まなかったのでホッとしました♪

さて、今日のマチネはアフタートークショーがあり、出演はD☆Dの7人。
司会は小寺さんです♪
「私たちを知らない方々のためにも」とそれぞれが自己紹介をし、
全員私服で登場だったのですが、
みんながちょっとメイクが濃いぐらいしか普段と変わらない中、
髪を赤にして逆立てている森くんだけが異色(笑)
そんな頭を「最上川です!」と言って笑う森くんは、いつもの森くんでした♪

今回の演出・振付は全て上田遙さんということで、
日頃は森くんとか義くんが振り付けや構成を行う中で全面上田さんだったため、
泰ちゃんは過去に『サロメ』などで上田さんの作品に出演したことがあり、
バレエの要素をふんだんに盛り込んだダンスが多くて、
得意不得意な方で分かれると言いながら、
「独特なので慣れるまで大変でした」と言っていました。

そんな上田さんの演出では、
日頃ボーカルの2人もそれぞれが自分自身として歌っていることが多い中で、
「役として歌ってほしい」と言われ、
2人で相談しながら「こんな役で行こう」とか決めたと言っていました。

今回の公演では川井さんが義くんの膝の上に座ってヴァイオリンを弾くのですが、
これ私は「義くん椅子…?」と思って最初ビックリしたんですけど(笑)、
義くんも「ココで弾くからね!」って衝撃の演出だと思った様子。
それには関係者の方々も来ているだけに

「テレビ東京(の番組への出演)決まりじゃないですか!?」

って小寺さんが言い、
膝に川井さんを座らせてテレビで弾くという話に義くん、

「イヤだイヤだイヤだ」

って笑顔ながら本気さが伝わる声のトーンで言ったので、
これは本当にイヤなんだろうな…と思いました(笑)

とはいえ川井さんの持っているヴァイオリンが1億すると言われるヴァイオリン、
ストラディバリウスだけに、
義くんは目の前で弾かれるだけにすごい緊張するって言っていました。
川井さんに近寄るのも緊張するって言ってましたけど(笑)
最後のシーンで、
ストラディバリウスを持ってる川井さんを後ろから抱きしめるシーンがあって、
上からバラの花びらが落ちてくるんですが、義くんは

「ヴァイオリンに花びらが入らないように」

って、手で花びらをペッペッて払ってるって言っていました(笑)
流石に高すぎてバラの花びら1枚でも怖いですよね…。

本番でのアクシデントはありますか?という話では、類さんが

「稽古場でなんですけど、
 本番でも使ってるあの板2枚が稽古場にも既にありまして」


と言って、劇中に片面は壁、
片面は鏡になった可動式の板が2枚出て来るんですが、
その板をTAKAちゃんと類さんがそれぞれ押して、
その間に義くんが挟まって押し返すというシーンがあるんです。

「よく(義くんに)飲みに誘ってもらうんですが、
 時々深酒になって帰してもらえないんです。
 その翌日は板を押す力が増します」


って言って、恨み!って笑っちゃいました(笑)

そして義くん、
劇中の森くんとのダンスでお尻からこけた?と思ったシーンがあって、
それを

「今日新吾が一手先に進んで」

とお怒りの様子の義くん。
本当は義くんが後ろに倒れ込んだら、
後ろにいる森くんが義くんを受け止めて押し返すダンスだったのですが、
それがまさかの森くんが一手進んでしまったらしく、
義くんを受け止めずにお尻から倒れてしまったんですね(*_*)
これには森くん、その後の組手のシーンで義くんの耳元で

「すみません!すみません!!」

って全力で謝ったらしいのですが、

「殺陣で一手先に行くと大変はことになるんやぞ!ひどいやろ!」

って怒っていて、トークショー中もずっと骨盤辺りを撫でていた義くん、
痛みか違和感はまだあるんだなぁと心配になりました…。
下手したら骨折しますからね(ノA`)
とはいえ、森くんはこの話の時にダテメガネを外して、
顔の前を前後に動かしてふざけていて、
反省というより笑いを取りに行ってましたけど(笑)
小寺さんいわく、

「この2人本番中にかなり喋ってるんですよ、
 ピンマイクつけたいですよね」


って言ってたので、その会話をみんな聞きたいと思います(笑)

義くんは演出の上田さんについて「気持ちを演出される」と言っていて、
川井さん演じるカルメンが義くんの手を取って、
手の甲にキスするシーンがあるんですが、

「いいよいいよー!」

とか、プロのカメラマンのように言うらしく、
それに反応して上田さんの方を見たら

「こっち向かない!!」

って怒られたそうで、「変わった人です」って笑ってました(笑)

最後の挨拶はそれぞれあったのですが、
類さんは、

「ソワレも(板を)強く押します」

って言って、義くんが隣にいる類さんの肩を掌で叩いたのですが、
疲れ切っているのでとても弱々しかったです…(ノA`)
そして義くん、

「2回目があると思うとぞっとするんですが」

と言うほど疲れ切っていて、そうだよね…と納得。
お疲れさまでした(涙)

ソワレでは、それほど日替わりのあるような公演ではないので、
感想というほど感想も書けないんですけど、
みんながステッキを持って、ステッキで床を叩いて、
足や手を叩いてリズムを取っているのを見ると、

『恋の骨折り損』のダンスのよう…

と思ったのは私だけじゃないと思います(>_<)
大人数でリズムを取れば取るほど難しいと思うので、
素晴らしかったです♪

そして最後の森くんのダンスを真似するところでは、
どじょうすくいのような踊りを披露してくれました(笑)
森くん毎回流石ですが、ここだけはみんなが一番の笑顔で楽しそうなので、
とても有り難いです(´∀`)

明日で千秋楽であと1公演ですが、無事に千秋楽を迎えられますように!

スポンサーサイト
『カルメン~ドン・ホセの告白!~』4日目/千秋楽 | HOME | 『犬ドキッ!カルメン特集』

Comment

Comment Form


to secret
 
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。