FC2ブログ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

ヤナメガネっ子

Author:ヤナメガネっ子
■在住
大阪

■Twitter
yana_goe(ヤナっ子)

■趣味
観劇
カフェ巡り

■好きな舞台
ALTAR BOYZ
ミュージカルテニスの王子様
ROCK MUSICAL BLEACH

■好きな俳優
柳浩太郎 中心 D-BOYS
東山義久(DIAMOND☆DOGS)
テニミュキャスト(1・2代目中心)

■好きな歌手
UVERworld
Honey L Days
坂本真綾
下川みくに

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『生男ch 番外公開放送~MUSICAL「WILDe BEAUTY」~』

【MC】宮木和佳子
【ゲスト】東山義久・壮一帆・中塚皓平・咲山類

相変わらずの狭めの会場で、最初の登場は義くんから。
MCの宮木さんも

「準レギュラーと言っても過言ではないでしょう」

と言うぐらい、何回も『生男ch』に義くんは出演しています(^_^)
そして定番の「旦那さんはお元気ですか?」という義くんの質問から、

「まだ元気です。
 気にしてくださるのは東山さんぐらいです」


と答える宮木さんでした(笑)

そして2人目の登場は初登場の壮さん!
狭めの会場なのでお客さんとの距離が近いのもあって、

「すごい圧を感じます」

と言っていましたが、女性ゲストは珍しいって言われていました♪
たしかに『生男ch』ですもんね(笑)

"カメラに向かって一言"は

義くん
「楽しみましょう」

壮さん
「(義くんと)同い年です」

これにはどよめく会場の方々!
義くんが言うには

「壮さんの方が数ヵ月お姉さん」

なんだそうです(´∀`)

そして残るゲスト2人を紹介しようとしたら、
義くんが「後は2人同時でいいですよ」って言ったので、

「3、4人目のゲスト、咲山類さんと中塚皓平さんです!」

と、本当に同時紹介!
2人は仲良く手を繋いで入場して、類さんは

「2人に比べたら2人で1つみたいなものなんで、何とか戦っていきたい」

と言っていました…返しが毎度素晴らしいです(笑)
そして"カメラに向かって一言"は、

類さん
「1人で1人の魅力を出せるように頑張ります」

中塚くん
「今日メンバーになれるようにしっかり頑張っていきたいと思います」

でした。
2人共頑張ろうって意思がひしひしと伝わってきます(笑)

注文のドリンクは「ソフトドリンクで」と宮木さんが言う中で、
壮さん

「ZIMA」

ツッコミを入れたいけど誰もツッコミを入れられない中で(笑)、
義くんは「アイスコーヒー」って言ったんですが、
しばらくして壮さん

「カルピス」

って注文し直して、その言い方がとても可愛らしい…と思いました(笑)
でもアイスコーヒーと言った義くん、
「ノンアルコールでもいいの?」って言い出して、
壮さん以外はノンアルコールビールです♪

そして義くんが類さんと中塚くんに「どう?こういう先輩方」と聞いたら、
壮さんが間髪入れずに

「絶対迷惑だと思う!」

って言って、壮さん(笑)
類さんは義くんと壮さんは「似てますよね」って言ったんですが、

「東山さんぐらいジャイアンじゃない」

と言う壮さん、結構切り込み鋭い感じです(笑)
類さんいわく「男前なところとか」って言ったんですが、
義くんも「カラッとしてるよね」と言ったところで中塚くん、

「気さくです、あ、壮さんだけです」

って言ったので会場爆笑(笑)
義くんは
「この2人僕のアンチなんですよ、ぶっつぶそうとしてるんです」
って言ったんですが、宮木さんが

「そんな人と舞台を…」

って言って笑ってて、そう言われればそうですね…(笑)
類さんは

「そうせざるを得ない雰囲気なんです」

って言ってましたが、義くんは「でも俺のこと大好きなんですよ」って、
これまた嬉しそうに言っていました(笑)

ネットで見ている方からのコメントで「夏に何しました?」という質問があって、
義くんイヤそうに

「(類さんと中塚くんとは)ほとんど一緒なんですよ、毎日」

と。
更にコメントで「バーベキュー行きましたか?」という質問があって、

「それがね、行ったんですよ。
 (D☆Dのメンバー)7人だけで7回目ぐらい」


と答えて、その役割分担を

肉、野菜などの仕込み
 →小寺さん
荷物、包丁などの小道具
 →中塚くん
新聞、うちわ、トング、虫よけスプレー、日焼け止めなどの雑務
 →類さん
火をつける
 →義くん

と説明してくれたんですが、
今までのみんなの役割分担を聞くと「義くん火をつけるだけ!?」ってなって、
義くんは「火をつけるのすごい大変なんですよ!」って言ってたんですが、
壮さんが「火をつけた後どうするの?」って聞くと、

「(後は他のメンバーが)やれーって」

って言って、それほとんどやってない!と思ったところに、

「出たよジャイアン」

と言った壮さん、義くんを颯爽とぶった切ってくれます(笑)

『生男で記者会見風』は舞台の説明をして舞台のことを聞いていくのですが、
説明は中塚くん!

「9年前の再演で、曲、構成が変わって新作になっています。
 19世紀初頭のロンドン、切り裂きジャックの時代が舞台で、
 オスカー・ワイルドがロンドンの社交界で栄光を手にして、
 人との出会いで落ちていき最後どの臨終を迎えるか…という話です」


よくまとめました!と思うぐらい、ちょっと噛みながら頑張って説明した中塚くんに、
切り裂きジャックの時代と聞いた壮さん、

「え、そうなんやー」

って言ってたそうで、壮さんおもしろい方ですよね(笑)
義くんいわく、前回は切り裂きジャックのシーンはあったけど、
今回はないんだそうです。

そしてまだ配役は発表されていないので配役を初出し!

義くん
「オスカー・ワイルドの臨終の間際はオスカーと名乗るんですが、
 良き時のワイルド役」

類さん
「オスカー役です。
 東山さんと2人でオスカー・ワイルドをやってる」

壮さん
「オスカー・ワイルドの深層心理みたいな立場にいる役で、
 台本には死神ということにしておこうと書かれてる」

中塚くん
「(義くんに「出るの?」と聞かれて)
 出るの!賑やかしじゃないの決して!
 オスカー・ワイルドが美の追求をした時に出会う画家で、
 何でもできるオスカーがちょっと嫉妬する人」

オスカーが嫉妬する役ということで、義くんは

「負けてるのアゴの長さぐらいですよ」

って言ったんですが(笑)、壮さんが
「この前リアルにアゴをぶつけてて…椅子にぶつけてた」
って笑い出して、義くんも

「(稽古場では)夕方疲れてるし、
 そういう時間じゃないから拾ってあげられへん」


って言って、もう何とも言えない雰囲気だったみたいです…(笑)

会場にいる方に「初演を観た方」と聞いたところ、数人しかいないぐらいで、
今回の出演者で初演に出演してたのは森くんだけなんだそうです。
ちなみにこの『WILDe BEAUTY』が15周年公演に選ばれた理由は、
プロデューサーの熱烈なオファーなんだとか。
でも義くんは

「セリフもすごい量。
 俺たちに(この作品が)合うかなと思いましたけど、
 1幕とか印象が全然違うんじゃないですかね」


と言い、類さんも「僕客席で観たんですが違いますね」と言っていて、
初演ではなかった笑いが起きるんだそうです♪

演出の荻田さんについては、壮さんは

「D☆Dの良さを出しつつ、ディスりながらも作ってる。
 D☆Dのファンの方は確実に楽しいと思います」


と説明し、義くんは類さんと中塚くんのことを

「この2人は毎日稽古でフルボッコなんで」

と(笑)
類さんが言うには

「全員挑戦してるんです。
 日頃メンバーだけでやってたから、
 外から見たら甘いところがあったのを直してもらった」


と言っていました。
初演と比べて出演している人数が違うんだそうで、
みんなが何役もこなす中で、唯一の一役なのが類さんなんだとか。

「荷が重い」

と言う類さんに、義くんは

「オスカー役で座長なんだから(←違う)弁当とか出さないと」

と言って、198円ののり弁しか出せないって類さん嘆いてました(笑)

そして同じ歳だというのに義くんは壮さんと距離を取っているようで、

「いつまで経っても他人行儀。
 メンバーに言ったら
 仕方ないですよリーダーは、かっこつけてるんです(って言われた)」


と言う壮さんに、義くんは一言「礼儀」って言ったんですが、

「敬語使われると、壮さんって呼ばれるとイラッとする」

と、全く理解できない様子(笑)
その流れから「あだ名をつけよう」って話になって、
一度稽古場で義くんが壮さんに

「壮ちゃん、あっ俺"ちゃん"って言っちゃった」

って言って照れてたという話も出ました(笑)
本名からのあだ名である「えりたん」を「呼べるかな?」って壮さんが言ったら、

「えりたんって顔じゃない」

って言った義くんへのブーイングがすごく…(笑)
そんな中でも「えりたん」と呼んだ義くんに、壮さんは

「今弟みたいな顔をした、甘えよったな」

ってニヤニヤ(笑)
義くんが「敬語禁止」って言ったら、

「私1回も敬語で喋ってないけど」

と壮さん。
確かにこの『生男ch』の中でも1回も敬語を使ってない…って思いました(笑)
それに類さん、「痛めつけられてるなー」って言って、
義くんは

「責められるのも悪くないな。
 ドSってドMにもなれるんだな。
 今日来てよかった、新しい自分を知れた」


って笑ってて、ちょっと心配になりました…(笑)

そして壮さんが義くんに何て呼んでほしいか聞いたんですが、
「よっくん…」と答えた義くんに壮さん、

「呼べって言うなら呼びますよ」

とあっさり。
もう…素敵です(笑)
コメント欄には色んなあだ名が投稿されて、
1度は

「俺もえりたんだからよしたんでいいんじゃない?」

と言った義くんでしたが、
最後は「よっくんで」と、自分でよっくん押しをしてました(笑)

話は変わって荻田さんの話へ。
義くんが

「荻田さんfor example(例え)ねってよく言う。
 もう舞台出たら?
 見た目はアレだけど…耽美」


って言って、耽美って…(笑)
これに壮さん、「最後の恋人の役したら?」って言ったんですが、
義くんは

「あれが私の追い求めた美の結晶!ドーン!(荻田さん登場)
 客席もこう(爆笑)なりますよね」


って言ってて、類さんは「笑った人 共犯ね」って言ってました(笑)

そして中塚くんの話について!
話を振らないとあんまり中塚くん喋らないんです(^_^;)

「(皓平は)歌が好きなんですよ、上手いんじゃない。
 ソロ曲が後半すごい」


と言う義くんに、類さんも

「2幕とか僕より多い」

と言っていて、類さんより!?と衝撃!
中塚くんよかったね!と思ったら、

「でも初日が開くまでにその曲が残ってるかわからない。
 歌えるなら他は気にしない」


と言った中塚くん…頑張って…(笑)
そんな中塚くんに義くんが「一節歌ってよ」と言って、
最初は拒否した中塚くんですが拒否できない空気になり、

「僕の愛する人が死んだ~♪」

と歌ったのを遮るように「乾杯しましょう!」って義くんが言って、
再度みんなで乾杯するという(笑)
これには中塚くん、恥ずかしいのを我慢して歌っただけに

「よっくん!よっくん!」

って言ってましたけど、
義くんは「また1番暗い曲チョイスしたな」って言ってました(笑)

類さんについて壮さんは

「私とよっくんが踊った後に類さんと2人で同じ踊りをやる」

と言っていて、類さんのプレッシャーが恐ろしいと思いつつ、
踊ってる時の類さんを

「お前可愛いわ、こういう時出してくる」

と言った義くん、何だか聞いているこっちが照れました(笑)

義くんは「本当怖い、セリフ多い」と言って、
壮さんいわく「A4でびっちりで2カ所ぐらいある」んだそうです。
でも覚えるのは早いそうなんですが、
義くんのセリフの覚え方は

「立ち位置で覚える。
 左足で階段を降りる時に、手を取る時とかがキッカケ。
 暗記とかじゃない」


という動きと共にあるそうで、
宮木さんが「超記憶術ですね、中塚さんは早いですか?」って聞いたら、

「小寺利光兄さんと2人で小芝居をやったりするので…自分で覚えますね」

と言った中塚くん。
これに義くん

「誰が覚えてくれんねん!」

って言って、類さんも

「すぐ紹介して!俺に紹介して!」

って言ってて爆笑でした(笑)

舞台への意気込みは

壮さん
「もう1回観たくなると思う。
 見所はミュージカルが久しぶりなので、歌って踊ってを楽しみにして欲しい。
 D☆Dは自分にないものに挑戦しているところを観てもらえたら…。
 真面目に言い過ぎたな」
  義「ありがとう、えりたん!」
  類「えりたんってやっと言ったのに滑ってる(笑)」

個人告知は

義くん
「ん?えっと、あれですよ、15周年記念公演の…シアター1010で…(しどろもどろ)」
  宮「『SWAN』ですね」
  類「(苦手なので)全部言ってください!」

ちなみに15周年記念公演は第4弾もあるそうですが、まだ発表されてないんだそうです。

壮さん
「『アダムスファミリー』があります。
 今回死神の役で、次も妖怪なので楽しみたい」

番組の感想は

義くん
「オスカー・ワイルドの世界を荻田ワールドで一生懸命作っています。
 是非是非ご来場ください」

壮さん
「えりたんって呼んでもらえて来て良かったと思います。
 新しいことにチャレンジしていますので、
 苦しみながらも楽しみながら稽古をしています。
 そういうのもみなさんと共有できたらいいなと思います」

中塚くん
「僕のソロが少なくなっていたらごめんなさいなんですけど、
 残るように頑張っていきたい」

類さん
「苦しみながら楽しみながら良い作品を届けられるように、
 挑戦だけで終わらないように。
 お弁当を差し入れられるかどうかは今日帰ってじっくり考えたいと思います」

D☆Dメンバーだけじゃなく、壮さんにお会いできるのも楽しみな舞台だと思いました♪


スポンサーサイト
『MUSICAL「WILDe BEAUTY」~オスカーワイルド、或いは幸せの王子~』4日目 | HOME | ☆*Lipton Fruits in Tea*☆

Comment

Comment Form


to secret
 
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。